スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    孟東野(孟郊) 《古怨》  

    MoutouyaGuyuanhua.jpgMoutouyaGuyuan.jpg

      古怨 Gu yuàn

     試妾與君涙  Shi qie yu jun lei  試しに妾と(妾の)君,涙して
     兩處滴池水 Liangchu di chishui 兩(ふたつ)(ところ)池に水,滴らせ

     看取芙蓉花  Kan qu furong huā 取って看るほどの芙蓉花
     今年爲誰死  Jinnian wei shui si 今年は爲誰(どちらの花)が死ぬでしょう
      
      押韻;水,死

    芙蓉花=中國では古にいう荷,ハス,蓮のこと



      これに近いものを考えてみた。
      バルベイ・ドールヴィリー(Jules Barbey d'Aurevilly)の描く烈女操。
      『Les Diaboliques」,の最後の物語・・・・貞女の逆説的な倫常を,
      一篇の復讐譚にしたてた
      《La Vengeance d'une femme》(ある女の復讐), あるいは・・・・。
      Le Bonheur dans le crime(罪の中の幸福)。
      十九世紀フランスの厳格なジャンセン派の家庭に生まれた文人
      であるが,・・・・。
      孟郊の倫理の奇妙な苛烈さをたとえるなら,まさにジャンセニズム
      であることにおもいいたった。
      ジャンセニズム,というのはカトリックの異端ではあるものの,
      絶對の神の恩寵と,
      それ以上に人の,非力,を強調した神學的(つまり信仰的ではない,
      という意味においての)教理の究,ということになる。あらかじめ,
      用意された天地離阻の潰潰を前提とした,押し付けがましいとすら
      いえるほどの神の愛,というキリスト教獨特の論理構成の典型の
      ようなもの。
      いまあらためて感じる・・・・,
      以前戯れにして孟東野
      古樂の異端カルロ・ジェズアルド Carlo Gesualdo にたとえたことが
      あった。

      さらにそこから連想して《聽琴》で
      神の恩寵を受けて
      感謝する孟東野のイメージを書いたが,

      カトリシズムの狂氣,厳格すぎる作爲的倫理。
      暗く美しい暗渠。異端。
    関連記事

    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    こちらのブログは,不定期(月一,二回程度)の更新です。
    メインのものではございませんのでコメントをいただいても,お返事は遅れます。惡しからず御寛恕くださいませ


    メインのブログ▼
    http://lengjiaqianchucihou.blog.fc2.com 楞伽案前,楚辭肘後
    詩餘 句裂 偈

    詩囚

    Author:詩囚

    自作の詩ほか
    五言絶句を中心に四句偈,詩餘
    ふくめ中國舊體詩を紹介します

    こちらのblogは不定期の更新です

    メインのブログは
    楞伽案前,楚辭肘後

    最新記事
    このブログのカテゴリ
    別のブログ記事リンク
    全記事表示

    全ての記事を表示する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。