スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    《終夜風騷春宵醒》 五言古體 

        冷冷痛愛,疼疼惜冬

         夜をとおしてその狂風騷擾の音を聽きながら寝つけず。
         自分の心根が冬に拘泥するままに,
         冬が去り春が來ることを,むやみにきらい慄く。
         終夜の果て,(そし)り笑いの裡(うち)に受けいれた,
         どうしたってかならず春は來るものを・・・・。 
         冬は死ぬわけでもあるまいが,季節往來につねに惑亂


    終夜風騷春宵醒  Zhongye fengsao chunxiao xing

    喚醒搖抖框   Huanxing yao dou kuang     喚醒,まど框揺すぶる
    風擾亂睡意   Feng rao luan shuiyi          擾風,睡意を亂す
    薄顫牀内身   Bao chan chuang nei shen       薄顫,牀内の身
    滲凍窗外氣   Dong shen chuangwai qi        凍滲 窗外の氣
    蒙朧已體覺   Meng long yi ti jue        蒙朧とすでに體覺せるに
    冷漠欲惟知   Lengmo yu wei zhī       冷漠ために惟(おも)い知る
    固陋嫌心躁   Gulou xian xin zao           固陋は,心躁を嫌い
    疏庸厭遷移   Shu yong yan qianyi          疏庸は,遷移を厭う
    冬儚疼惜徂   Dong meng teng xi cu        冬儚く,殂くを疼惜し
    春冰蹈渉思   Chun bing dao she si     春冰,思いは踏み渉るごとし
    我自笑裡   wo zi shanxiao li           かく我,おのずと訕笑す
    奈何必來遲  Naihebi lai chi!     どうせ遲かれやって來るんだろうから
      

         平聲二 意氣惟知移思裡遅

    *喚醒=目醒めを喚起,つまり寝ているところを起こす
    *搖抖=ゆらす,ゆすぶる
    *框=窓わく
    *擾=かき亂される。うるさい
    *擾,睡意=睡眠障害,不眠症状のような言葉のいみになる
    *牀=寝床
    *窗=まど
    *滲=侵入
    *冷漠欲惟知=“冷たさ”のためあきらかにもなるの意を含めて,欲
    *固陋=頑迷に固執する,わたし
    *疏庸=疎にして疏略,平庸,愚鈍のわたし
    *徂=死ににゆく。古くは殂におなじ 
    *疼惜=惜しみてあまりあるほど。死ぬほど愛する,Lament。
    *春冰=春の薄い氷。薄而易裂,危うく,容易に消失する事象
    *訕笑=そしりひそかにあざ笑う
    *奈何=どうしようとそうなる


      解題 ;窓わくを揺らす慘冷の風音を聽きながら寝つけず。
           春慘淺寐曉を覺えてわらいよむ。

    関連記事

    コメントの投稿

    非公開コメント

    詩餘 句裂 偈

    詩囚

    Author:詩囚

    自作の詩ほか
    五言絶句を中心に四句偈,詩餘
    ふくめ中國舊體詩を紹介します

    こちらのblogは不定期の更新です

    メインのブログは
    楞伽案前,楚辭肘後

    最新記事
    このブログのカテゴリ
    別のブログ記事リンク
    全記事表示

    全ての記事を表示する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。