スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    無窮花 A Lament for the Sexual Slavery of all during the war  《無 礙》

     흠이 없는 조선의 꽃   傷なき朝鮮の花

      무구한 꽃=無垢の花 (韓:muguhan kkoch)
      무궁화  =無窮花   (韓:mugunghwa ) 
             無窮花 (中:wúqióng huā) 木槿 大韓民國の國花 
             朝鮮半島の國土は古くより「槿花郷」 と美稱されている。


     
     《無礙》    

      別啾十一妹   Bié jiū shíyī mèi
      薩佛彈琴涯   Sà fú tánqín yá
      光復粲苦海   Guāngfù càn kǔhǎi
      絃綢翳塵沙   Xián chóu yì chén shā
      倡和爲韓姊   Chànghè wèi hán zǐ
      不更加咬牙   Bù gēng jiā yǎo yá
      合涙滴澡穢   Hé lèi dī zǎo huì
      無窮護白花   Wúqióng hù bái huā
     
        平聲十五    涯沙(加)牙花   〔家麻韻〕  

              * * * * * *  

     무애한 빛=無礙光,無碍光, (韓:Muaehan bich 無礙 빛)
          無礙光(中:Wúàiguāng)は阿彌陀佛 の發する十二光の一
     啾=天陰雨濕聲啾啾(―杜甫《兵車行》↓ *↓)
     涯= 水際,この意味の場合 平聲麻韻。 yá になる
     光復=中國語としては,たんに恢復(回復)原有的領土,統治或事業,
         國がもとに復す,の意味だが(廓清中畿,光復舊京。 『晉書』など)
         現代では “日本が敗戰したとき” の意味がある。
         また韓國はじめアジア全土(日本以外)で,8月15日を
         光復節
         (節は紀念日)と頌稱し,壽ぐ。
     粲= 白く輝く光 
         そして古代の白米。 白粲*↓追記
     苦海=苦界(くがい)佛語。苦しみの絶えないこの現世。紅塵。世塵
     綢= 絹の糸,細く輕い絹の紗。動詞では,纏(まと)う
     塵沙=沙と塵。また沙塵は遠いところに行く勞苦(風塵)に同じ
     倡和=Chànghè 倡和(=唱和)
         先發聲者爲倡,後應聲者爲和
     姊= 姉(姐)
     澡= 沐浴,清める 
     白= 白。とともに粲の白。 
     無窮,護白,花=護白無窮花,韻律の關係でこうなってしまうので。
       五言平起平韻式
     薩佛=(Sàfú  實際の中字は薩福) 公元前七世紀希臘,女詩人
            Σαπφώ  Sappho
          十番目の繆斯(ムーサ) (Μουσαι Muses )と讃稱される

       薩福

       
          
       生女猶得嫁比鄰,生男埋沒隨百草。
       君不見,青海頭, 古來白骨無人收。
       新鬼煩冤舊鬼哭,天陰雨濕聲啾啾
                          杜甫 《兵車行
       “男を産むな,女を産め。なぜならば,
       男は兵に取られ草むす戰場に屍をさらすだけだ”

       このようにうたっている。
       はたしてそうだろうか。ここは杜子美に反駁したい氣分だ。 

       

       本來 白粲ということばは,潔白,粲 黄庭堅 行書
       白さ,無垢をあらわす。
       明白,清楚。 燦然(明白な,顯耀)
       燦の古字

       粲然はまた笑貌の美しさをいう。
       とくに粲とは,本義は古代に最も高貴な白く輝く米,
       神にささげる上等のお米のことである。
       端的に,無垢と,“復した光り” の白き燦耀と
       (これも粲)の意味と,また,たっとい日日の糧,
       ということでもある。
       また,ここは強調するが,
        “從軍慰安婦”と は犯罪の被害者である
       ということである。賣春婦ではない。 


       Lament for the "Sexual slavery of all during the war"
     
       サッフォーが涯で竪琴を彈じています。
       十一番目の妹よ。どうか啾(な)かないでください。

       苦海に光が復して燦いたとき,絃を綢(まと)うように塵沙を翳(おお)うように

       わたしたちも唱し和したい。
       かの國の女たちに咬みつくな
       これ以上牙を向けるな

       滴る涙をも合わせてともに汙れを澡(あら)いたい
       けがれなき無窮花の白粲を,これからも
       護ってゆかなくては。ずうつと。



      韓國の國花である木槿花(無窮花)。
      この花の美しさを知るきっかけとなった ブログ Mateor Shower
      そのAutherであるかたに韓國語を敎えていただき詩題としました
           多謝諸位。 마음으로감사합니다 

    関連記事

    テーマ:詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル:学問・文化・芸術

    コメントの投稿

    非公開コメント

    カムサハムニダ

    나도
    울고하였습니다,쓰면서 ・・・・

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    거듭 감사드리겠습니다

    む,むずかしい!!
    짓다,なるほど。たしかに。
    やはり,何でも,“書く”ですませる日本はとくしゅでありんす
    連体形の場合は・・・そーっかw むむ。
    はい。ちびちびとやっていこうかと。よろしくおねがいします・・・。

    No title

    玄少子さま

    おはようございます。お訊ねの韓国語の件ですが、
    現在、韓国の詩に詳しい、ある詩人の方にお伺いしております。

    私自身、いろいろ調べてみたのですが、
    漢字をそのまま、ハングルに直すことは簡単ですし、
    それでも間違いではないのですが、しかし玄少子さまの詩を、
    「はい、こうですよ」というふうに扱うなんて、私にはとてもできません。

    韓国語固有の言葉も、私の調べ尽くせる範囲は、どうしても限られていますし、
    なにしろ語学力が大したものではありませんので、そんな者が詩を扱いますと、
    どれほどいいかげんな言葉になってしまうことか・・・それを怖れます。

    またこれは、韓国のネイティブの方に聞けば、即答できるわけでもないのです。

    というわけで、おそろしく時間が掛かっているのですが、
    現在、その詩人の方のお答えを待っているところなのです。
    その方とて、どこまで可能であるかは、ちょっと分かりませんが、
    私もともに、勉強させていただいておりますので、
    もうしばらく、お待ちいただけますように、お願いいたします。

    성심 성의껏 , 감사를드립니다

    なんともうしあげてよいやら・・・・。恐縮しています。
    お手間とまた他のお方を煩わせてしまうことになって,まことにもうしわけありません。
    お返事心まちしてはおりますが,かといって,おいそぎにならなくてもいっこうかまいません。

    輕い気持ちでおねがいしてしまいました,
    というのもこの詩は以前書いたように星狩人さんの記事のムグンファと,サッフォーという言葉,とまた星のコンピュータの光。
    そして其の記事の最後の画像が,とりわけ深くむすびついた結果でてきたことば,それが,“涯”。また“薩佛”,でした。
    あまりに神秘的で美しい。宇宙の塵沙,涙,音そして苦界がいっしょくたになったような・・・・。
    心抉られた画像でした。そんな詩なのです。

    http://nagunemiu.blog.fc2.com/blog-entry-157.html

    ・・・・・・ああ,今うかがってもういちど意を強くしました。
    まっすぐに伝えあっているのだろうとおもいます

    そしてそもそものわたしたちのつながりは從軍慰安婦の記事からでした。
    そんな経緯で,
    もともと前半四句は星狩人樣に感謝の念と,後半四句は,戦後生まれの業を背負った日本人としてのわたしの贖罪の気持ちのようなものであります。

    ですから星狩人さんに宛てて(ささげて)書いたようなもので,なんとなく貴女様に,名付け親みたいにかかわってください,というような,そんなカンジで,おねがいしてしまいました。
    責任とってよ,みたいなw・・・・です。

    ありがとうございます。

    No title

    玄少子さま

    猛暑のなかを、いかがお過ごしでしょうか?

    ついに回答を、いただきました。

    いまそれを、ここに貼り付けることも可能ですが、
    私も噛み砕いてみたいので・・・明後日お送りいたします。
    (と、もったいぶるほどではありませんが)

    と申しますのも、できれば今日にしたいのですが、
    3日に地元で、ちょっとした音楽のコンサートがあって、
    ワタクシメも演奏するので、いまそれに掛かりっきりなのです。
    このおそろしく暑いなかを、どうなることやらです。
    昨年などは、前日に体調を崩してもう滅茶苦茶でした。

    ともあれ、ああこれは、忘れられたのかと心配し、
    かといって、こちらから催促もできずにいたのですが、
    なんと、翻訳家の方からも意見も聞いていただいたらしく、
    無事回答をいただきましたので・・・ご安心ください。

    それではしばらくのご猶予を・・・

    どうぞご自愛くださいませ。

    星狩人さま

    ありがとうございます。連日の猛暑で心身ともに異常をきたしています。とくにアタマのほうが。

    世界を牛耳るばかものあたりへの,とんでもないわるくち雑言が,とめどなく,いくらでも涌いてきます~~。ブツクサいいつつあたまひやしてます。

    なにか器楽演奏でしょうか,凉やかなすがたを想像しつつ,明後日をこころまちしています。
    星狩人さまも御からだご自愛ください

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    失礼いたしました。

    玄少子さま

    さきほどは、失礼いたしました。
    自分から「鍵を掛けました」といいながら、全然そうしていなかっただから
    われながら呆れてしまいます。

    大変にお手をわずらわせてしまい、またお気遣いもいただき、
    恐縮いたします。今度は大丈夫だと思います。

    では、おやすみなさいませ。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    詩餘 句裂 偈

    詩囚

    Author:詩囚

    自作の詩ほか
    五言絶句を中心に四句偈,詩餘
    ふくめ中國舊體詩を紹介します

    こちらのblogは不定期の更新です

    メインのブログは
    楞伽案前,楚辭肘後

    最新記事
    このブログのカテゴリ
    別のブログ記事リンク
    全記事表示

    全ての記事を表示する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。