スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    無窮花 A Lament for the Sexual Slavery of all during the war  《無 礙》

     흠이 없는 조선의 꽃   傷なき朝鮮の花

      무구한 꽃=無垢の花 (韓:muguhan kkoch)
      무궁화  =無窮花   (韓:mugunghwa ) 
             無窮花 (中:wúqióng huā) 木槿 大韓民國の國花 
             朝鮮半島の國土は古くより「槿花郷」 と美稱されている。


     
     《無礙》    

      別啾十一妹   Bié jiū shíyī mèi
      薩佛彈琴涯   Sà fú tánqín yá
      光復粲苦海   Guāngfù càn kǔhǎi
      絃綢翳塵沙   Xián chóu yì chén shā
      倡和爲韓姊   Chànghè wèi hán zǐ
      不更加咬牙   Bù gēng jiā yǎo yá
      合涙滴澡穢   Hé lèi dī zǎo huì
      無窮護白花   Wúqióng hù bái huā
     
        平聲十五    涯沙(加)牙花   〔家麻韻〕  

              * * * * * *  

     무애한 빛=無礙光,無碍光, (韓:Muaehan bich 無礙 빛)
          無礙光(中:Wúàiguāng)は阿彌陀佛 の發する十二光の一
     啾=天陰雨濕聲啾啾(―杜甫《兵車行》↓ *↓)
     涯= 水際,この意味の場合 平聲麻韻。 yá になる
     光復=中國語としては,たんに恢復(回復)原有的領土,統治或事業,
         國がもとに復す,の意味だが(廓清中畿,光復舊京。 『晉書』など)
         現代では “日本が敗戰したとき” の意味がある。
         また韓國はじめアジア全土(日本以外)で,8月15日を
         光復節
         (節は紀念日)と頌稱し,壽ぐ。
     粲= 白く輝く光 
         そして古代の白米。 白粲*↓追記
     苦海=苦界(くがい)佛語。苦しみの絶えないこの現世。紅塵。世塵
     綢= 絹の糸,細く輕い絹の紗。動詞では,纏(まと)う
     塵沙=沙と塵。また沙塵は遠いところに行く勞苦(風塵)に同じ
     倡和=Chànghè 倡和(=唱和)
         先發聲者爲倡,後應聲者爲和
     姊= 姉(姐)
     澡= 沐浴,清める 
     白= 白。とともに粲の白。 
     無窮,護白,花=護白無窮花,韻律の關係でこうなってしまうので。
       五言平起平韻式
     薩佛=(Sàfú  實際の中字は薩福) 公元前七世紀希臘,女詩人
            Σαπφώ  Sappho
          十番目の繆斯(ムーサ) (Μουσαι Muses )と讃稱される

       薩福

       
          
       生女猶得嫁比鄰,生男埋沒隨百草。
       君不見,青海頭, 古來白骨無人收。
       新鬼煩冤舊鬼哭,天陰雨濕聲啾啾
                          杜甫 《兵車行
       “男を産むな,女を産め。なぜならば,
       男は兵に取られ草むす戰場に屍をさらすだけだ”

       このようにうたっている。
       はたしてそうだろうか。ここは杜子美に反駁したい氣分だ。 

       

       本來 白粲ということばは,潔白,粲 黄庭堅 行書
       白さ,無垢をあらわす。
       明白,清楚。 燦然(明白な,顯耀)
       燦の古字

       粲然はまた笑貌の美しさをいう。
       とくに粲とは,本義は古代に最も高貴な白く輝く米,
       神にささげる上等のお米のことである。
       端的に,無垢と,“復した光り” の白き燦耀と
       (これも粲)の意味と,また,たっとい日日の糧,
       ということでもある。
       また,ここは強調するが,
        “從軍慰安婦”と は犯罪の被害者である
       ということである。賣春婦ではない。 


       Lament for the "Sexual slavery of all during the war"
     
       サッフォーが涯で竪琴を彈じています。
       十一番目の妹よ。どうか啾(な)かないでください。

       苦海に光が復して燦いたとき,絃を綢(まと)うように塵沙を翳(おお)うように

       わたしたちも唱し和したい。
       かの國の女たちに咬みつくな
       これ以上牙を向けるな

       滴る涙をも合わせてともに汙れを澡(あら)いたい
       けがれなき無窮花の白粲を,これからも
       護ってゆかなくては。ずうつと。



      韓國の國花である木槿花(無窮花)。
      この花の美しさを知るきっかけとなった ブログ Mateor Shower
      そのAutherであるかたに韓國語を敎えていただき詩題としました
           多謝諸位。 마음으로감사합니다 

    スポンサーサイト

    テーマ:詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル:学問・文化・芸術

    詩餘 句裂 偈

    詩囚

    Author:詩囚

    自作の詩ほか
    五言絶句を中心に四句偈,詩餘
    ふくめ中國舊體詩を紹介します

    こちらのblogは不定期の更新です

    メインのブログは
    楞伽案前,楚辭肘後

    最新記事
    このブログのカテゴリ
    別のブログ記事リンク
    全記事表示

    全ての記事を表示する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。