スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    富澤赤黄男  『蛇の笛』より 《風景畫》 《烙印》  抄

     秋風裡 われしろがねの刃 を 投げむ


      去年,日中戰爭の從軍句を中心に句集『天の狼』をから,
      いくばくかを載せた。
      今回は,昭和二十七年(1952年)十二月に刊行された句集『蛇の笛』
      から。
      最愛の俳人,富澤赤黄男,
      “神” と,“天空”,とに,こだわって(わたしがかつてに)

       黑牛(黑い四つ肢) と,黑い蝶(黑い翅翼)
       くりかえし詠みこまれる 
       冬の枯れ木,鶴。その,竦立,孤獨。

       弩につがえる矢。
       弧弦撥る。放たれて,“射す”ことば,刺さる
       天空には,嚴としてある弧。


      蛇 の 笛   

                 風 景 畫

      石 版 畫

      雲 ひ そ と  う ご か ね ば  蛇 木 を の ぼ る

      杉 枯 れ て 枯 れ て 白- くも さ す 悲 願 か な


      木 版 畫

      鶴 な い て 冬- てん を 支 ふ る も の の な し
       冬 日 落 つ   冬 日 の 中 の   鶴 の 貌

      積 亂 雲  し ん し ん と と ぶ  狙- そや 一 つ


      銅 版 畫

      夕 燒  け の  犬  よ 左 を 右 を ゆ く

      湖 うみ こ ゆ る  蝶 白 け れ ば 湖 に 消
      海 蝶 の  ふ た つ あ は れ や  白 と 白

      稲 妻 の い つ ぴ き の 蝶 お し な が さ れ

      地 平 線  空 閒 に あ り  人 な に を 祈 る
      神 怒 り   神 怒 り    ひ と 消 え ゆ け り



                  蛇 の 笛
      天 の 傷
        
      牡 丹 雪  茫 失 の 面 ま た た き せ ず

      寒 燈 や   慄 然 と し て  佛 の 手
      咳 しはぶ け ば  枯 木 の 天 も  咳 け り


      啞 蝉

      夏 の 蝶   大 洋 う ね り   や ま ざ り き
      背 後 うしろ よ り  黑 き 蝶 く る  疲 勞 か な  
      啞 蝉 や  さ れ ば 無 音 の  地 の 乾 き
      粗 壁 に  月 の し み 入 る 韻 と お も ふ

      鴉 は 鳴 か ず こ こ ろ に さ さ る 棘 く ろ く

      い つ ぽ ん の 枯 れ 木 が そ れ に 應 へ け り


      氷 の 木
     
      頭 蓋 の く ら や み 手 に 寒 燈 を ぶ ら さ げ て
     
      雪 の 鴉 の  真 紅 な 舌 に   あ ざ け ら れ
      木 枯   木 枯   ひ ら ひ ら と 侏 儒 の 手 

      氷 の 木   氷 の 木   立 ち 去 り ゆ け り
      寒 夜 ひ し ひ し 円 周 の 中 に 踞 し
      枯 れ 木 に 陽 わ た し は 現 に こ こ に 居 る


      侏 儒 の 太 鼓  

      伐 ら る べ き 巨 木 一 期 の 沒 日 に 炎 え よ

      い つ ぽ ん の 枯 れ 木 へ ひ ら く 巨 き な 掌  ほ と け

      鶴 凍 て ぬ  透 き と ほ る ま で 凍 て て あ れ
      か の 眼 は    半 眼  虚 空     鶴 渡 る
      人    穴 を 掘 れ ば 寒 月 穴 の 上
      躓 つまづ け ば   枯 れ 木 が 天 を 叩 き け り
     
      黒 き 犬 が う づ く ま る 黄 昏 の 喪 章
     
      虹 消 え て や が て ひ ろ ご る 黑 色 半 圓

      

                   烙 印

      天 の 斧

      斷 絶 や     荒 涼 と し て 斧 は 天

      蛾 の 靑 さ    わ た し は 眠 ら ね ば な ら ぬ

      音 癡をふり 雨だれ ひとつ ふたつ と かぞへ

      啞 蝉 は   啞 の ま ま な る  積 亂 雲

      ひ と の 瞳の 中 の 蟻 蟻 蟻 蟻 蟻
      蟻 の 列     わ た し は 急 が ね ば な ら ぬ



      亀 裂

      い つ ぽ ん の 枯 れ 木 に 支 え ら れ し   天
      天 才  は 現 れ ず       無 音 の 冬 の 虹
      萬 紅 に  身 を 投 げ 入 れ て  消 ぬ べ し や

      切 り 株 の  か な し き ま で の 孤 獨 の 光 り

      黑 び か る    冬 の 亀 裂 の    渡 り 鳥
      肉 體 や   弧 を 畫 い て と ぶ   黑 い 蝶

      末 枯 うらが れゆけば 黑 い墓標に 凝 視みつめ られ
         
      曇 日 の   し ろ い 切 り 株 ば か り と 思 へ


      手の影

      地 平 線  手 を あ げ て   手 の 影 は な し
      實 感 は 痩 せ 犬 に 脚 な め ら れ る
      寒 い 月    あ あ 貌 が な い   貌 が な い 

      牡 丹 雪   牡 丹 雪    く ろ き 牛 の 頭 蓋

      寒 月 の    肉 に 喰 い 込 む   く ろ き 爪
      わ が い の ち 炎ほむ 立 つ 夜 の 木 枯 の 音

      

                 酔 ひ ど れ 雲

      泥の歳月

      泥 沼 の  泥 の 歳 月     渡 り 鳥
      
      鳥 の ゐ る 枯 木  と  鳥 の ゐ ぬ  枯 木
      牡 丹 雪 人閒 ひと の 貌 こ そ か な し け れ

      人 閒 は お も き 手 を 垂 れ 罭 ある は空 クウ
      木 枯 の ひ と つ の 星 を 疑 は ず


      木の瘤

      人 の 死 へ  き ら り き ら り と 光 る  露
     
      落 日 の   く ろ い ミ イ ラ の た ち な ら び

      黑 牛 の   金 剛 力 の   舌 く ろ く
      赤 蟻 や   傾 く 墓 標 地 に 伏 す 墓 石

    スポンサーサイト
    詩餘 句裂 偈

    詩囚

    Author:詩囚

    自作の詩ほか
    五言絶句を中心に四句偈,詩餘
    ふくめ中國舊體詩を紹介します

    こちらのblogは不定期の更新です

    メインのブログは
    楞伽案前,楚辭肘後

    最新記事
    このブログのカテゴリ
    別のブログ記事リンク
    全記事表示

    全ての記事を表示する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。